あなたにおすすめの合宿免許を探す!
保険の補償内容

【自動車保険】補償内容を知ろう。対人賠償保険

対人賠償保険とは何のこと?

自動車保険(任意保険)には、様々な補償がありますが、この記事では対人賠償保険とは何かということについてまとめていきます。

対人賠償保険とは、交通事故などにより、被害者を死傷させた際に加害者側に発生する損害賠償の支払いを補償するものです。

この際の損害賠償額は数千万~数億円になることもあるため、加害者を守ることはもちろんですが、被害者に損が賠償が支払うことができないということを避けるためにも大変重要な保険となります。

対人賠償保険を使用する際は、高額な賠償金を支払うケースが多い

対人賠償保険を使用するときは、被害者にけがを負わせた場合や、死亡させた場合になるため、大変高額な賠償請求をされます。

自賠責も対人賠償保険といえますが、障害の場合120万円、介護を要する場合において、常時介護が必要な場合4000万円、臨時の場合3000万円、死亡の場合3000万円という限度額が設定されているため、これを上回る損害賠償の際は対処ができなくなります。

そのため、被害者に損害賠償が支払われないということがないように対人賠償保険に関しては無制限で保険に加入することが基本となります。

対人賠償保険では、自賠責保険の補償額を差し引いた額が支払われることになるため、死亡事故を起こし、5億円の損害賠償が発生した場合は、自賠責による補償3000万円を差し引いた、4億7000万円が支払われるということになります。

 

保険金の支払いの対象は?

対人賠償保険は、すべての人に保険金が支払われるわけではありません。保険金の支払いの対象は、「他人」ということが条件です。

ここで言う他人とは、生計を共にしているか、同じ家に住んでいるかなどが大きな判断基準となります。

補償されない人:記名被保険者、配偶者、仕送りをしている学生(別居)、同居している親族、被保険者の車を使用している人、被保険者の雇い主

補償される人:友人、独立した子どもなど

上の囲みの中を見てもらえばわかるように、子どもだとしても独立している場合(生計別、別居)は保険金支払いの対象になります。

ただし、被保険者以外がのすべての人が対象ではないということは知っておきましょう。

 

保険金は過失割合で変化する

歩行者と事故を起こしてしまった際、多くは自動車の過失であるとされます。

しかし、歩行者の過失が認められた場合、損害賠償額を減額されます。過失として認められる例としては、歩行者の信号無視、横断禁止道路の横断などがあります。

例えば、損害賠償2億円の死亡事故において、信号無視により歩行者に30%の過失が認められた場合、2億円の30%である6000万円は被害者の自己負担ということになり、遺族には1億4000万円のみの支払いになるということになります。

これは、遺族の親族に対する支払いが減額ということになります。

ですが、まずは事故を起こさないように交通ルールをしっかり守ることが大切になります。

 

まとめ

今回は対人賠償保険についてまとめました。

事故を起こし、被害者に大きなけがを負わせてしまった場合や、死亡させた場合に発生する多額の賠償金を補償してくれるものが対人賠償保険だということを確認しました。

賠償金は数億円になることもあり、対人賠償保険に入っていなければ、被害者も加害者も大変な苦労をすることになります。

そのようなことにならないためにも、対人賠償保険には無制限で加入するようにしましょう。

注意点としては、保険金の支払い対象はすべての人ではないということと、過失比率によって賠償額が変わってくるということです。

 

自動車保険の見積りを出すなら、保険の窓口インズウェブで!

大手の保険会社から、マイナーだが実績十分の保険会社まで多くの保険会社から見積りを出すことが出来ます。
インズウェブ自動車保険一括見積もり