あなたにおすすめの合宿免許を探す!
保険の補償内容

【自動車保険】補償内容を知ろう。対物賠償保険

対物賠償保険とは何のこと?

対物賠償保険とは、事故などにより他人の財物に損害を与えた時に補償してくれるものです。

こちらも、対人賠償保険と同様、補償されるのは、「他人」に対してのみであることに注意が必要です。

対物賠償保険は、補償されるものが財物、つまり「もの」であるからといってあまり高額な補償内容にしなくてもいいわけではありません。このことは後述します。

対物賠償保険が適用されるケース

対物賠償保険は、他人の財物を破損させた場合に補償してくれるものですが、いったいどのようなケースがあるのでしょうか。

例としていくつか見ていきます。

・「運転手の不注意により、ガードレールに接触し、ガードレールの修理費等で高額な請求を受けた」

・「運転手の前方不注意のため、前の車に衝突してしまい、車の修理代を請求された」

・「飲酒運転をしていて、衝突事故を起こし、修理代を請求された」

・「アクセルとブレーキを踏み間違えて、店に突っ込み、修理費など多額の請求を受けた」

このようなケースは、被害者(他人)の財物を破損させたことで生じた賠償であるため、対物賠償保険の範囲内となり保険金で倍書することが出来ます。

完全に加害者は悪いと考えられる、飲酒運転などでも補償してくれます。

また、物そのものだけでなく、物が破損したことによる被害者の不利益についても補償されます。

これは、店に突っ込んだことで、休業した際の営業損失や、タクシーなどと事故を起こし、仕事ができなくなった時の休業損失などがあります。

このように、対物賠償保険では、事故による被害者の損失の大部分を補償してくれているのです。

そのため、対物賠償保険も対人賠償保険と同じように無制限の保険をかけておくのが良いと考えます。

店に突っ込んでしまい、店が休業せざるを得なくなった場合には、営業損失、店の修理代等合わせると相当な額になることが予想できると思います。

万に一つの時のための保険ですので、もしもの時に補償が足りないということがないようにしておきましょう。

また、対物に関しては、自賠責による補償はありません。

そのため、しっかりと補償をかけておくことをおすすめします。

 

過失割合により保険金は変化する

過失割合とは、事故の原因に関して、加害者、被害者にそれぞれどれだけの過失があったのかを示すものです。

例えば、信号待ちをしている車に後ろから衝突した場合は加害者の過失が100%と判断され、無制限の対物賠償保険をかけていた際は、全額が補償されます。

一方、被害者側に30%の過失が認められた際、相手に支払われる保険金は賠償額の70%になるということです。

例:500万円の賠償を求められたが、被害者に30%の過失が認められた場合、加害者が支払わなければいけない賠償額は500万×0.7=350万円ということになります。

この際、加害者が対物賠償保険に加入しており、かけている保険金の範囲内であれば、保険によって全額支払われるため、加害者が賠償金を支払う必要はなくなります。

しかし、保険金の範囲を超えた場合は加害者が残りの賠償金を支払わなければならなくなります。

ですので、対物賠償保険に関しても無制限に保険金を設定し、もしもの時に対応できるようにしておくことをおすすめします。

 

保険金が支払われる対象について

対人賠償保険と同様に、対物賠償保険に関しても、すべての人に対して保険金が支払われるわけではありません。

保険金支払いの対象外になる方をまとめておきます。

保険金が支払われない人

・記名被保険者(保険契約者)

・記名被保険者の配偶者、父母、子ども

・被保険自動車を運転している人とその配偶者、父母、子ども(車を借りている場合など)

・記名被保険者の雇い主

このように、主に記名被保険者(契約者)の親族、もしくは保険がかかっている自動車を運転している人、その親族には、仮に事故でその方々の財物が破損しても保険金は受け取ることができません。

一つの知識として知っておきましょう。

 

まとめ

今回は、対物賠償保険についてまとめました。

対物賠償保険は被害者の財物の破損、つまりものを補償するものだと理解できたと思います。

あらゆる事故による、財物の破損を補償してくれるため、手厚く補償を受けることができるようにしておきましょう。

 

自動車保険の見積りを出すなら、保険の窓口インズウェブで!

大手の保険会社から、マイナーだが実績十分の保険会社まで多くの保険会社から見積りを出すことが出来ます。

入力内容は簡単!約5分で見積りを出すことが出来ます。
インズウェブ自動車保険一括見積もり