あなたにおすすめの合宿免許を探す!
自動車保険

【自動車保険】ダイレクト型と代理店型はここが違う

【自動車保険】ダイレクト(通販)型と代理店型はここが違う

自動車保険に新しく加入しようとしている方、もしくは違う保険会社に変えようかと考えている方、今回はダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険の違いについてまとめていきます。

そして、どちらのほうが良いのか比較しながら考えていきます。

任意の自動車保険には大きく分けて、ダイレクト型と代理店型があるのはご存知ですか?

これら2つは、補償内容などでは大きな差はありませんが、その他のところでいくつか違いがあるため、テーマごとにまとめていきます。

 

 

ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険の違い

契約するまでの手続きの違い

ダイレクト型と代理店型の大きな違いは私たち契約者が、直接保険会社と手続きするか、代理店を通じて契約するかということです。

もちろん、直接契約するものがダイレクト型、代理店を通じて契約するものが代理店型となります。

手続きの方法としては、ダイレクト型では、電話やインターネットから加入申し込みを行うことができ、本加入もネットもしくは郵便によるもので、すべて個人で行うことが出来ます。

また、加入する保険会社を選択するための見積りもインターネットを使用して簡単にすることが出来ます。

自動車保険一括見積りはこちらから!およそ5分で必要項目の入力は終了します。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

一方、代理店型では、代理店に足を運び、担当者の方と相談しながら保険を決めると、後の手続きはほとんど担当者の方が行ってくれるようになっています。

代理店での見積りは担当者の方と相談して行うので、特にやっておくことはありません。

保険料の違い

ダイレクト型と代理店型では保険料にも違いが出てきます。

ダイレクト型の自動車保険は、代理店型の自動車保険より安くなる傾向があります。

その理由として挙げられるのは、代理店型で発生する賃貸料・仲介料・人件費などです。

代理店型では、保険金に使用される純保険料以外に上のような経費がかかってきます。ダイレクト型であっても多少の人件費などは必要ですが、大きな店舗を構える必要もなく、多くの人数を必要とするわけでもないため安く抑えることが出来ます。

また、仲介料に関してはダイレクト型にはないため、その分の差額が保険料の違いとして顕著に現れます。

一括見積により保険料が平均2万5千ほど安くなると言われているように、ダイレクト型と代理店型には大きな保険料の差があります。

しかし、、純保険料はほとんど変わらないため、、保険の補償内容についても大きな差はありません

ですので、保険料を安く抑えたいのであれば、ダイレクト型がおすすめということになります。

事故対応の違い

保険に入っているということは、万が一事故が起こった際に対応してもらうためだと思います。

そのため、最も大切なのが事故対応になります。

事故が起きた際にいち早く事故現場に駆け付け、検証、調査し、どれだけ保険から補償してもらうことができるのか見てもらう必要があります。

ですので、この事故対応の的確さ・早さは大切な保険の選択基準になりえます。

事故対については、日本全国どこで事故を起こしてもスピーディに対応してくれるということがポイントになります。

その点について、ダイレクト型と代理店型を比較してまとめます。

まず、ダイレクト型ですが、ソニー損保について調べてみると、損害サービスセンターは全国に25か所設置されています。

損害サービスセンターは、事故対応の拠点になる場所ですが、ダイレクト型ではそれがあまり多くないということが分かります。

一方、代理店型である、東京海上日動では全国に損害サービスセンターが244か所設置されています。約10倍の拠点があるといえます。

この点では、代理店型のほうがダイレクト型より事故対応についていいように思えます。

しかし、ダイレクト型では業務の多くを外部委託をしているため、完全に代理店型より劣っているとは言えません。

実際、ソニー損保のロードサービスの拠点は全国に約9000か所あります。

しかし、これは一つの例に過ぎず、拠点が多いからスピーディに対応してくれるのかとなると必ずしもそうとは限りません。

様々なサイトで事故対応満足度ランキングを見てみると、代理店型・ダイレクト型どちらも上位に挙がってきているため、そこからも大きな差はないとみることが出来ます。

まとめ

今回は、ダイレクト型・代理店型の自動車保険について、契約手続き・保険料・事故対応の3つに分けて比較し違いをまとめました。

この記事では、それぞれのメリット・デメリットについても理解できたと思います。

以下に今回のまとめを簡単にしておきます。

契約手続き 保険料 事故対応
ダイレクト型 インターネット・電話・郵便で可能 人件費、賃貸料、仲介料が少ないため格安 損害サービスセンターの数は少ないが、事故対応は保険会社による
代理店型 代理店にて、加入保険を決定した後は担当者が進めてくれる ダイレクト型と比較すると高い 損害サービスセンターが全国各地に多くある場合が多い。事故対応は保険会社により大きく異なる

このことから、保険料を安く抑えたい、自分で自分に合う保険を選びたいという方はダイレクト型、保険料ではなく、担当者のいる安心感や、全国どこにでも組織が展開しているサービスの充実がほしいと考える人は代理店型というようになるでしょう。

ただ、自動車保険に加入する際は、まず見積りを出すことから始まるので、一度一括の見積りを出し、様々な保険会社の補償内容、保険料を比較してみてください。

一回の入力で多くの保険会社の見積りを出すことができるのでお勧めです。一括見積りはここから!
インズウェブ自動車保険一括見積もり