あなたにおすすめの合宿免許を探す!
保険の補償内容

【自動車保険】保険の補償内容まとめ。7つは確実に抑えよう

【自動車保険】保険の補償内容まとめ。7つは確実に抑えよう

自動車保険に加入する際、どのような基準で補償内容を決めていますか?

担当者に言われるがまま、、、

基本の補償がこれだと書いてあったから、、、

という方は、一度補償内容を見直した方がいいかもしれません。いや、見直してください。

いらない補償をつけていた場合、それを外すだけで大きく保険料が変わることもあります。

また、必要な補償がなかった場合は、実際に事故などを起こしてから痛い目を見ることになるので至急見直しましょう。

一人一人必要な補償内容は異なりますので、保険に加入する方が補償内容について知り、一つ一つ必要かそうでないかを考えることが大切です。

今回は、多くの補償の中で、特に大切だと思われる7つの補償がどのようなものなのかについてまとめていきます。

  1. 対人賠償保険
  2. 対物賠償保険
  3. 自損事故保険
  4. 人身傷害保険
  5. 搭乗者傷害保険
  6. 無保険車傷害保険
  7. 車両保険

以上の7つの保険について、一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

対人賠償保険

対人賠償保険とは、自動車事故を起こし、事故の相手を死傷させた場合において、法律上の損害賠償責任を負うことになった際に保険金が支払われる保険のことです。

支払われる保険金は、自賠責保険の支払額を超えた分だけになります。

また、対人賠償が補償するのは事故の被害者のみで、同乗者は補償されません。さらに、相手が特定の条件の場合も補償されません。

補償されない人:記名被保険者・配偶者・同居の家族・車を借りた友人など

別居か同居かの違いでも他人かそうでないかが細かく分かれています。

対人賠償保険が適用されるのは、相手を死傷させた場合であるので、損害賠償額もかなりの高額になるということは知っておく必要があります。

掛けておきたい補償額:無制限

対人賠償保険は高額になるケースが多いため、無制限にすることを強くお勧めします。

 

 

対物賠償保険

対物賠償保険とは、自動車事故を起こし、相手の車やモノなどの財物に対して、破損、汚損、減失などの損害を加えた場合において、法律上の賠償責任を負った際に保険金が支払われる保険のことです。

また、損害賠償請求されるものは、車などの破損による修理代だけでなく、事故による間接的な損害も含まれます。

例えば、バスやタクシーと事故を起こし、それらが通常営業をしていたならば、利益が出ていたという場合はその利益のお金も賠償金として支払わなければなりません。

修理代に関しても、擦っただけの傷や、バンパーの軽い傷であればそこまで高額にはなりませんが、相手が高級車の場合や、車以外を破損させた場合(ガードレールや信号機)は高額な請求となることもあります。

掛けておきたい補償額:無制限

対物賠償保険に関しても、事故によってはかなりの高額になる場合もあるため、無制限にすることをおすすめします。

 

自損事故保険

自損事故保険とは、自損事故、つまり相手のいない単独事故を起こした場合、または相手の車に過失のない事故で死傷した場合に最低限の補償をしてくれる保険のことです。

単独事故を起こした際は、他人にあたる同乗者については自賠責保険から保険金が出ますが、運転者の死傷に関しては保険金が出ません。

また、停止している車への追突、車線を越えての走行など相手に過失のない事故の場合は、運転手が死傷した場合でも自賠責だけでなく、相手の加入している任意の対人保険も支払われないようになっています。

そのため、この保険は、自損事故もしくはこちらの責任により事故によって、運転手が死傷した場合に保険金が出るものになります。

 

 

人身傷害保険

人身傷害保険とは、契約者本人やその家族が自動車事故などで死傷した際に、生じた損害を補償してくれる保険のことです。

この保険では、事故責任に関係なく、生じた損害をすべて補償してくれます。

これには、治療費や休業補償、慰謝料などが含まれます。

また、事故責任に関係なく保険金を受け取れるので、示談交渉の結果に左右されません。

さらに、歩行中など自動車事故以外の場合でも保険金が出る場合もあり、単独事故も補償してくれます。

掛けておきたい補償額:3000万円

人身傷害保険は1000万円~1億円以上まで保険金を設定できますが、多くの方は、保険料の上昇などからも3000万円に設定しており、その額が妥当だといえます。

保険料を上げても保険を手厚くしたい場合は、まずは5000万円にしましょう。

 

 

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている搭乗者が、事故により死傷した場合に、過失に関係なく保険金が支払われる保険のことです。

これは、搭乗者全員にかかるものなので、運転手以外にも助手席、後部座席に座っている方も含まれます。

この保険では、自分に過失がない場合は保険を請求しても等級は下がらず、自分にすべての責任がある事故であっても搭乗者がけがした場合は、保険を請求できます。

さらに、搭乗者傷害保険は、加害者からの損害賠償金、自賠責、その他各種傷害保険に関係なく支払われるようになっています。

しかし、すべてのケースで保険金が支払われるわけではありません。

保険金が支払われるのは、正規の乗り方をしている場合のみです。

例えば、暴走行為による事故や、トラックの荷台に乗っている場合の違法な乗り方をしている場合は保険金は出ません。

普通に運転している車であれば、基本心配いりません。

搭乗者傷害保険の支払方法は2つあり、「日数払い」と「部位症状別払い」になります。

入院や通院にかかった日数分の保険金が支払われるものと、部位によって保険金が決まっているものになります。

どちらにもメリットデメリットがあるので、どちらのほうがいいということはありません。

参考:

掛けておきたい補償額:1000万円

この保険は、人身傷害保険のサブ的な存在であるといえます。

そのため、加入していない方もいます。

加入する場合は、1000万円が妥当でしょう。人身傷害保険で賄える部分もあるため、高額にする必要はないと考えます。

 

 

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、事故を起こし、後遺障害を負ったり死亡してしまった場合において、相手が無保険車であり、賠償金の支払い能力がない場合に、自分の契約している対人賠償保険と同範囲で、相手が負担するべき損害賠償の不足分を保証してくれるという保険です。

ここでの注意点は、後遺障害を負ったり、死亡した場合にしか保険が適用されないという点です、

ただし、自賠責の補償だけでは死亡や後遺障害が残るような場合は保険金が足りないことが多いので、もしもの時を考えるとあると安心できる保険です。

全体の15%ほどは対人賠償保険に入っていないと言われていますので、無保険車と事故を起こす可能性が極端に低いとは言えません。

では、無保険車とはどのようなもののことを言うのでしょうか。それは以下の条件に当てはまる車です。

・相手が任意保険に加入していない場合

・対人賠償保険には加入しているが、規定などで保険金が支払われない場合

・ひき逃げ、当て逃げなどにより、加害者が分からない場合

・保険には加入しているが、その保険額が賠償額を満たしていない場合

このような4つの条件のどれかを満たしている車を無保険車と呼び、この無保険車と事故を起こし、死亡もしくは後遺障害を負った場合無保険車傷害保険によって保険金が支払われます。

 

 

車両保険

車両保険とは名前の通り、車両に関する保険で、自分の車が事故した際に故障や傷がついた場合に保険金が支払われるものです。

つまり、自分の車に対する保険です。

車両保険には補償内容によって4つに分類できます。

・一般車両保険:災害、自損、いたずら、事故、盗難など大部分を補償してくれるもの。保険料は高い

・エコノミー:他の自動車(二輪含む)との事故での損害のみ補償してくれるもの。自損も補償外

・限定A:交通事故以外の災害について補償してくれるもの。落書きや盗難も補償。

・エコノミー+限定A:エコノミーと限定Aを合わせたもの。自損事故や当て逃げは補償されない。

の4つです。

ここまで車両保険についてまとめてきましたが、車両保険には加入していない人も多くいます。

自分の車の価値と車両保険を付けることによる保険料の値上がりなどを考慮し、加入するかどうか判断していただければと思います。

 

まとめ

ここまで自動車保険の特に大切だと考えられる7つの保険についてまとめてきました。

しかし、まだ細かく分けることが出来、まずこの7つを大きく分けると

1,2:相手のための保険

3~6:自分やその家族の身体的な保険

7:自分の車についての保険

となります。

この中で、相手に対する保険と身体的な保険はとても重要だといえます。

しかし、必要なものだけを選択し加入すればいいので、今回の記事を読み、必要がないと感じた保険については無理に加入する必要はありません。

ただ、1,2の対人賠償保険、対物賠償保険には、無制限で保険に加入することを強く勧めます。

どのような保険に加入した方が良いのかはまた別の記事にまとめます。

ここで、ある程度加入する保険を決めることが出来た方は、見積りを出し、保険料にどのような違いが出るか試してみてください。

一括の見積りを利用することで、どれだけ損をしていたのかが一目でわかります。

一括見積りはこちらから、簡単、短時間でできます!
インズウェブ自動車保険一括見積もり