あなたにおすすめの合宿免許を探す!
自動車保険

【自動車保険】代理店型自動車保険とはいったいなに?

【自動車保険】代理店型自動車保険とはいったいなに?

最近はTVのCMなどで自動車保険について見たり聞いたりする機会が多いと思います。

しかし、そのようなものの多くはダイレクト型自動車保険と呼ばれるもので自動車保険を大きく分けた一部分の範囲のものになります。

今回は、任意の自動車保険を大きく二つに分けた際に、ダイレクト型と区別される代理店型の自動車保険についてまとめていきます。

代理店型自動車保険とは

代理店型の自動車保険とは、簡単に言うと代理店を通して、保険会社と契約者が結ばれるものです。

ですので、保険内容や費用などを相談しながら代理店さんがあなたに最適の保険プランを提示してくれるというものです。

担当者の方がついてくれ、相談事にも丁寧に対応してくれるため疑問も解消しやすいといえます。

代理店型自動車保険の特徴

ダイレクト(通信)型と比較しながら、代理店型の自動車保険の特徴についてまとめていきます。

担当者がつくことで悩みが解消しやすい

代理店型自動車保険では、保険会社と契約を結ぶ際に代理店が仲裁として入ります。

そのため、代理店で担当者の方と保険をどうするのか決めていくことになります。

ですので、わからないことや悩みを対面で話すことが出来、すぐに答えを得ることもできます。

自動車保険に初めて加入するといった人にとっては、わからないことが多いため、自分ではなかなか決められなかったり、何が必要なのかもわからないという状況に陥ることもあります。

しかし、担当者の方がいればその心配はありません。

ダイレクト型では、相談事などには電話やメールで対応してくれますが、最終決定は各自で行い契約を結んでいくことになります。

その点が代理店型とダイレクト型の大きな違いとなります。

保険料は高めになる

代理店型での契約となると、ダイレクト型よりも保険料は高くなります

保険の内容に関しては大きな差はありませんが、仲介料、人件費などにより、高くならざるを得ないということです。

ダイレクト型では、代理店を介さないため仲介料がかかりません。また、代理店のように店を構えなくてもよく、対応する人数も少数でいいため人件費の面でも大きな差が出ます。

そのため、代理店型の保険料は高くなります。

契約できる保険会社が限られる

これも代理店型の大きな特徴ですが、契約できる保険会社は限られます

代理店は、保険会社からの委託を受け販売手数料を受け取り営業しています。そのため、代理店が契約している保険会社と契約をするということになります。

ただし、契約している保険会社の数は代理店によって異なるため、一社しか選べないということはほぼありません。

ですが、主な保険会社の見積りをすべて出し、比較するというようなことはできません

また、代理店側は代理店にとって都合のいい商品、つまり販売手数料が高いものを売りたがる傾向があることは否定できません。

このことから、加入者が全ての保険の商品を比較し、選択するということは難しいということになります。

全国に事故対応の拠点がある

代理店型の自動車保険会社は、日本全国どこでもすぐに事故対応に当たれるよう組織されています。

そのため、事故が起こった際もスピーディに対応してくれます。

自動車保険などの損害保険は、損害額に応じて保険金が支払われるため、事故の調査が必要で、適正な保険金額を決めなければなりません。

そのため、スピーディな事故対応は重要なポイントです。

例として、東京海上日動(代理店型大手)には、国内に損害サービス拠点が244か所ありますが、ソニー損保(ダイレクト型大手)には全国にサービスセンターは25のみです。

しかし、外部委託などでロードサービスには9000の拠点を持っています。

そのため、どちらがいいとははっきりしませんが、損害サービスの拠点が多いほうがすぐに対応に移れるのは確実です。

まとめ

今回は代理店型の自動車保険についてまとめてきました。

代理店型と比較することで、メリット・デメリットどちらもあることが分かったと思います。

代理店型は昔から続く大手のものが多いため、安心できる要素もありますが、保険料の高さ、代理店へ行かなければならないことなどデメリットとなることもあります。

ダイレクト型自動車保険はパソコンやスマホからすぐに見積りを一括で出せるため、一度見積りだけでもしてみたいという方は、試してみてください。

今すぐ見積り開始!
インズウェブ自動車保険一括見積もり