あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【合宿免許】教習漬けの毎日?教習所での一日の流れはこうだ!

【合宿免許】教習漬けの毎日?教習所での一日の流れはこうだ!

合宿免行こうと考えているけど、教習漬けの毎日はいやだ。と思っている方いませんか?

合宿免許であっても、教習所の予定を見てみると、教習漬けの毎日ばかりではないことが分かります。

今回は、合宿免許へ行っている間の一日の流れと全体を通した流れについて詳しく見ていきます。

どの程度教習が詰め込まれているのか気になる方はぜひじっくり読み進めてください。

 

合宿免許 一日の流れ

では、まず一日の流れについて見ていく前に、教習所ではどのようなことを学ぶのかまとめておきます。

教習内容は大きく二つに分けられます。技能教習学科教習です。

まず、技能教習は、運転技術について学ぶもので、実際に自動車を運転していくものです。

一方、学科教習は、交通ルールや標識等の意味などを座学で学びます。

それぞれ、第一段階と第二段階があり、基礎と発展を学ぶことになります。

特に、技能教習は第一段階は場内ですが、第二段階では路上を走行することになります。

また、技能教習には一日に受けることのできる時間数が決まっていて、第一段階では2時間まで、第二段階では3時間まで(3時間連続はできない)となっています。

では、ここから一日の流れについて見ていきます。

一日の中には、もちろん技能と学科どちらも受けることになります。

しかし、技能には時間数に限りがあるため、第一段階では技能2時間+学科、第二段階では技能3時間+学科という形が基本です。

学科には制限はありませんが基本2~3時間ほどです。

ですので、一日の中で教習を受けるのは4~5時間と考えてもらえば十分です。

こちらは合宿免許ドリームの合宿スケジュールになります。

合宿スケジュール拡大版

車のマークは技能教習、鉛筆のマークが学科、その他試験などがあります。

これを見ると一日の流れがはっきりとわかると思います。

第二段階では一日6時間の日などもありますが、最終の9時限でも18:20までですので、夜はたっぷり自分の時間を持つことが出来ます。

参考: 【自動車免許】約2週間でほんとうに卒業?合宿免許の期間

合宿免許 二週間の流れ

上のスケジュールを見てもらうとわかるように、入所1日目から13日目までは毎日教習を受け、14日目に卒業検定を受けるということになります。これが基本的な流れです。

第一段階は6日間で終了し、7日目に仮免許試験(仮免許は第二段階へ進むために必要)、その後第二段階へ入ります。

第二段階は7日間で終了し、14日目に卒業検定を受けます。

仮免許の学科、技能試験、卒業検定(技能のみ)また日々の技能においてミスなく合格することが出来れば、めでたく卒業ということになります。

最も難しいと思われるのは、仮免許の学科試験ですのでしっかり勉強して試験を受けてください。

参考: 【合宿免許】仮免の試験内容って?勉強はどうすればいいの?

 

空いている時間の過ごし方

合宿免許では一日中教習を受けるわけではないことはわかってもらえたと思います。

では、空き時間は何をして過ごすべきでしょうか?

基本は、個人の自由時間になります。好きなことをして過ごしてください。

しかし、第一段階の間は、仮免許の学科試験に向けた勉強をしておくのが好ましいです。

ただ、息抜きも必要なので無理はしないようにしましょう。

夜ご飯を友達と食べに行ったり、昼から空いてるときは、少し観光したりなど合宿免許で訪れた土地を楽しむこともおすすめです。

 

まとめ

今回は、合宿免許の流れについてまとめました。イメージよりも忙しくなさそうと感じた人も多いのではないのでしょうか?

夜の時間がかなり長いので、暇つぶしができるアイテムをもっていったり、友達を作って遊んだりできれば、楽しい合宿免許になると思います。

せっかく合宿をするのですから、いい思い出も作れるようにできればいいですね。

もちろん、卒業することを最優先に考えなければなりませんが。頑張ってください。