あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【合宿免許】合宿免許のメリット・デメリットを確認しよう!

【合宿免許】合宿免許のメリット・デメリットを確認しよう!

こんにちは、田舎のコアラです。

あなたは運転免許を取得する方法決めていますか?

この記事を読んでいるということは合宿免許で!ということでしょう。

では、あなたはなぜ合宿免許へ行きたいのですか?

合宿免許にはメリットもデメリットもあります。

そこをしっかりと知った上で、合宿免許へ行ってほしいなと思います。

そこで、今回は合宿免許で免許を取得するメリット・デメリットについて項目別に詳しく見ていきます。

この記事を読むことで、合宿免許とはどのようなものなのかということも理解することが出来ますよ。

今回まとめるのは以下の5つです。

  • 合宿免許の費用について
  • 免許取得までに必要な期間について
  • 交通費について
  • 教習内容・保証について
  • その他

合宿免許の費用について

教習所を選ぶ際の大きなポイントとして費用の安さがありますが、費用については安ければ安いほどいいですよね。

しかし、費用の安さには理由があるため、最低限の基準はあなたが決めてください。(部屋のプラン・設備・周りの環境など)

では、合宿免許の費用についてのメリット・デメリットについてまとめていきましょう。

メリット:費用が通学より安い

合宿免許の費用についてのメリットは安いということにつきます。

免許を取得するためには教習所を卒業することが一般的ですが、その方法は2つあり、合宿か通学かです。

そこで、この二つの費用を比べた際に生じる差は約8万円になります。

このことからも、費用の安さが大きなメリットだといえます。

参考: 【合宿免許】教習所の平均価格はどれぐらいなの?気になる問題解決

さらに、合宿免許の費用の中には、食費・宿泊費・教習費などが含まれているものがほとんどなので、教習費のみの通学と比べるととてもお得だといえます。

デメリット:時期によって値段の変動が大きい

合宿免許の費用についてのデメリットとしては、時期によって値段が大きく変わるということがあります。

夏休みや春休みといった多くの学生が合宿免許へ行きやすい繁忙期と、それ以外を比較すると繁忙期のほうが高く値段が設定されています。

ですので、よりお得に合宿免許へ行くのならば、4・5・6・7・10・11・12月あたりに行くことがおすすめです。

しかし、多くは学生の場合長期休暇以外に行くことは困難であるので、格安プランに予約できるように早い段階から計画をしておくことをおすすめします。

参考: 【合宿免許】合宿免許の予約はいつからするのがいいの?


 

免許取得までに必要な期間について

教習所に通う期間についても通学と比較すると大きな差があるため、その点も含めてメリット・デメリットについてまとめていきます。

メリット:期間が短い

合宿免許の大きなメリットの一つとして、教習期間が短いというのもあります。

通学の場合は、平均2~3カ月かけて卒業しますが、合宿免許では、最短の14日(AT)で卒業が可能です。

免許取得を急ぐ人にはもってこいのメリットです。

参考: 【自動車免許】約2週間でほんとうに卒業?合宿免許の期間

デメリット:まとまった休みが必要

メリットとしては通学に比べると期間が短いというのがありますが、一般に2週間の予定を空けることは簡単ではないでしょう。

そのため、まとまった休みが必要ということが最大のデメリットとなります。

アルバイトや部活でどうしても長期休暇が取れない場合は、通学ということも考えなければなりません。

交通費について

交通費は、合宿免許へ行く際には注意が必要なものです。新幹線や飛行機を使う際はかなりの費用が必要になります。

では、交通費に関してはどんなメリット・デメリットがあるのかまとめていきます。

メリット:交通費支給のある教習所もある

合宿免許の教習所の中には、交通費支給のところが少なくありません。

ですので、交通費の支給の有無も確認して合宿免許先を選ぶようにしましょう。注意としては、支給額に制限がある場合で、超えた場合は実費になります。

デメリット:遠くなればなるほど高くなる

メリットのように支給があればメリットのみですが、実費で交通費を出す場合は教習所までの距離が遠ければその分交通費が高くかかることになるので、注意してください。

全額支給の場合は心配いりませんが、一部支給の場合も少なくありません。

その時は、いくらまで支給なのかしっかり確認してください。

 

教習内容・保証について

合宿免許でも通学でも教習内容については教習所を卒業するまでに学ぶことは同じです。

保証については、あり・なしを選べますが入っておくと安心です。では、メリット・デメリットをまとめていきます。

メリット:毎日教習を受けることができる・多くの保証がある

では、まず毎日教習を受けることができることですが、これは教習内容にに関するメリットです。

毎日教習を受けることで、技能に関しては上達のスピードが格段に上がります。

これは通学ではなかなかできないことなので大きなメリットです。

また、保証については、万が一検定試験に落ちた際も検定料がかからないものや、延泊になった際も無料のものなどお得なものが豊富に準備されているので、必要だと思うものがある教習所を選ぶようにしましょう。

デメリット:道路事情が地元と異なる

教習内容としてデメリットは地元の道路と教習所付近の道路が全然違う場合があります。

例えば、都会に住んでいて、地方に合宿免許へ行ったとすると、都会では、3,4車線が当たり前なのに対して、地方では2車線までしかないという場合は、3車線などで練習できないため不安が残ります。

地元で運転していけば慣れるので心配はそれほどいりませんが、気になる方はどのような場所に教習所があるのかチェックしておくべきです。

 

その他

では、その他として、今まで上げたもの以外でメリット・デメリットと考えるものをまとめていきます。

メリット:旅行気分・新しい出会い

合宿免許では、家から離れた場所へ2週間という期間行くため、旅行気分も同時に味わうことが出来ます。

旅行と関連付けたプランもあるほどで、自由な時間があった場合はぜひ観光などをし、気分転換も兼ねて旅行気分を味わってください。

また、合宿免許では、新しく出会う人とともに生活するため、新しい出会いが多くあります。

相部屋のプランの場合では、同じ部屋で過ごすことになるため、仲良くなることができると思います。

このような、免許取得以外の面でもメリットがいくつもあります。

デメリット:自由時間の制限

合宿免許では、基本毎日教習があるため、それほど多くの自由時間を取ることができません。

夜は何もないため、自由時間ですが、学科の試験勉強等するべきことが多いのが実際の生活です。

ですが、全く自由時間がないわけではないため、自由時間ができたときは、メリットにあるように観光などして息抜きすることも大切です。

 

まとめ

今回は、合宿免許のメリット・デメリットについてまとめてきました。

どの項目にもメリット・デメリットは存在するので、合宿免許へ行くかの判断は、メリットの部分に惹かれるかどうかで決めるべきだと思います。

あなたが望むものがあるのならば、迷わずに合宿免許を選びましょう。