あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【合宿免許】合宿で免許を取るデメリットは?メリットと比較

【合宿免許】合宿で免許を取るデメリットは?メリットと比較

 

今回は、合宿で免許を取ることのデメリットについてまとめていきたいと思います。

合宿免許って費用も安いし、期間も短いため、いいところばかりが見えているかもしれません。ただ、デメリットと呼べる部分もいくつかあるため、合宿免許に行こうと考えている方はそこも知った上で合宿免許に行ってほしいと思います。

そこで、今回は前回の合宿免許のメリットについてまとめた記事と比較しながらデメリットについて見ていこうと思います。

合宿免許メリットまとめの記事はこちら 【合宿免許】合宿で免許を取るメリットは?5万円以上の差!

合宿免許のデメリット

では、早速ですが、デメリットについてまとめていきます。主なデメリットは以下の3つです。

  1. 合宿費が安く、期間が短いということは?
  2. 人付き合いが苦手なんです。という方
  3. 生活に必要なものはどれだけあるの?

いかがでしょう、この目次だけではピンと来ないですよね。それでは、一つずつ見ていきましょう!

合宿費が安く、期間が短いということは?

これは、あえて質問にしてみました。皆さんはどのような答えが浮かびますか?

費用が安いから、部屋がボロボロとか、期間が短いから、一日中教習している、とかでしょうか。しかし、ご安心ください。

施設はきれいなところが多く、期間が短いからといって一日中教習ということはなく、夜は比較的自由な時間が多いです。

では、どのようなデメリットがあるのか見ていきます。

まず、期間が短いといってもまとまった時間が必要になる!ということです。

大学生で夏休み春休みが長く、暇であるという人にはむしろメリットであるかと思いますが、バイトが忙しい、部活がどうしても、学校がそもそも忙しいという人には、大きな壁になる部分です。

ATの免許取得でも、最短14日かかるため、2週間は必要になります。また、検定試験に合格する必要があり、できなければ延泊になるため、費用も時間もさらにかかることもあります。(保証で費用は免除のところも多いです)

合宿費が安いことに関しては、メリットのみですね。

人付き合いが苦手なんです。という方

これを見ておられる方の中には、人づきあいが苦手だから、合宿なんて行けるのかなと考えている方もいるでしょう。

そのような人にとっては合宿に行くこと自体ハードルの高いものだと思います。

しかし、そのような心配はほとんどいりません。合宿所には、一人部屋も用意されているため、少し料金はかかりますが教官など必要最低限の人々と関わるだけでのりきることもできます。

そのため、安心して合宿免許に行ってください!

しかし、合宿免許のメリットとしてあげましたが、新しい友達ができることもあるため、合宿免許を機に様々な人と話してみることもいいと思いますよ!

さらに、一人部屋より料金も安くなっている場合が多いです

生活に必要なものはどれだけあるの?

最後は、2週間生活していくのに何が必要かということです。

合宿免許のプランの中には、3食付きのものやコインランドリー無料などその教習所がどのようなことまで面倒を見てくれているか書いてあります。

そのため、ある程度整ったところに行けば問題ありませんが、そうでない場合しっかりと考えなければなりません。

例えば、食事が3食はついていない場合、ないときは買い出しに行ったり外食をすることになり更なる費用がかかることがあります。

また、洗濯も近くのコインランドリーで、となれば少しの出費は計算しておく必要があります。

このように、生活に必要なことをどこまでサポートしてくれるのかを調べることは大切で、調べておけば余裕をもって教習に集中できると思います。そのため、事前の調べはしっかりとしておきましょう。

その他

大まかなものは先に書いたものですが、それ以外にもいくつか気を付けるべきポイントがあります。

まず、道路状況です。これは、都会から田舎に行く方は特に注意が必要です。

免許合宿をしているところはどちらかというと田舎が多いです。そのため、片道4車線や5車線というのはめったにないです。

しかし、家の周りにそのような道がある際はそのような道を走ったことないまま走ることになるため怖いと感じることにつながると思います。

また、山道などの独特な道を走る、走らないなども教習所次第ですので注意が必要です。

次に、近くの施設です。周りにどのような店や施設があるかを知っておくだけでも安心感が違います。コンビニまで10分なのか30分なのかなど知っておくといい情報は事前に調べておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?合宿免許にはメリットも多くありますが、デメリットも存在します。

しかし、これらのデメリットは事前に知っておくことでほぼデメリットとは感じなくなるものばかりです。

ですので、合宿免許へ行く際は必ず下調べをし、準備を万端にしていきましょう。