あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【合宿免許】合宿と通学の違いはどこにあるの?素朴な疑問を解決

【合宿免許】合宿と通学の違いはどこにあるの?素朴な疑問を解決

運転免許を取得しようとしたとき、合宿免許と通いどちらで取ろうか悩んでいませんか?

この記事では、合宿免許と通いの違いについてまとめ、どちらにするか迷っているあなたの参考になればと思います。

この記事を読むことで、あなたが求めている条件はどちらにあるのかがはっきりし、合宿と通いどちらにするべきかがわかるようになります。

そのため、この記事では、合宿免許と通いの違いを気になるいくつかのポイントに分けてまとめていきます。

合宿免許へ行くには教習所を予約しなければなりません。合宿免許ドリームは教習所の数もプランも豊富でおすすめです。



合宿と通いの違い

では、早速、合宿免許と通いでの教習との違いについてまとめていきます。

今回比較するポイントは、【期間・価格・生活・時期・向いている人の特徴】の5つです。

合宿と通いの違い 期間

期間について、合宿と通いの違いをまとめます。

ここで言う期間とは、教習所に通う長さのことです。期間が長いほど、教習所に長く通う必要があります。

・合宿の場合 

合宿の場合は、ATで14日間、MTで16日間が基本の期間になります。

合宿免許は、教習所があらかじめ最短で卒業できる教習予定を組んでくれるため、短い期間になります。

・通いの場合

通いの場合では、平均になりますが2~3カ月ほどが基本です。

通いの場合、教習生が技能、学科とも予定を組み、都合の良いときに教習を受けます。

そのため、人によって個人差はありますが、ある程度の期間が必要になります。

ただし、早く卒業することのできるプランがある教習所もあり、それを選択した場合は短期間で卒業することが出来ます。(教習所が予定を立てる場合が多い)

合宿と通いの違い 価格

価格についての違いをまとめていきます。

価格は教習所を選ぶ際の大きなポイントでもあると思うので注目です。

・合宿の場合

合宿免許の価格の平均は20万円前後です。一年を通して20万円前後で合宿免許へ行くことが出来れば安くで行けたといえます。

合宿免許に関しては、繁忙期とそれ以外で価格が大きく異なるのも特徴で、繁忙期(夏・春休み)のほうが高い傾向があります。

しかし、その分キャンペーンも多いため、割引やキャンペーンを利用するようにしましょう。

最安値では16万円代から合宿免許へ行くことが出来ます。

・通いの場合

通いの場合、平均価格は28万円ほどになります。そのため、合宿とは約8万円の差が生じています。

しかし、通いにもキャンペーンなどがあり、25万円ほどまでは割引してもらえる場合が多いです。

また、通いは友達と一緒に入所しやすく、グループ割を受けることが出来る場合が多いので、活用できる人はぜひ活用してください。

参考: 【合宿免許】教習所の平均価格はどれぐらいなの?気になる問題解決【合宿免許】通学よりはるかに安い料金の秘密を解説

平均価格の詳細や、なぜ合宿免許のほうが安くなっているのか知りたい方は、上の参考記事を見てください。

 

合宿と通いの違い 生活

生活についてそれぞれの違いをまとめていきます。生活についてとは、教習に通っている期間の自由度と考えてください。

つまり、教習に通っている間に、生活にどれだけ自由があるのかということになります。

・合宿の場合

合宿免許の場合、結論は生活の自由度は低いです。

合宿であり、日中は教習があり自由な時間はそれほどありません。

また、一日休みということもないため、自由な時間は教習終わりの夕方以降となります。

それでも、全く自由時間がないわけではないので、有意義に生活するようにしましょう。

教習所によって設備の有無が異なるため、事前に求める設備があるか確認しておきましょう。(Wi-Fiの有無や、洗濯機、風呂など)

・通いの場合

通いの場合は、生活の自由度は高いです。

もともとの生活のリズムの中に教習を入れることが出来れば、ストレスも少なく通うことが出来ると思います。

また、教習を中心にしたとしても、大切な用事や、急用にも対応することが出来ることもメリットです。

教習の頻度も自由であるので、焦らない人はゆっくり通い、急ぐ人は詰めて通うなどその人に合った教習ができることが通いのいい点です。

ですので、自由に教習に通いたい方は、合宿免許より、通いのほうがあっています。

 

合宿と通いの違い 時期

合宿と通いにおいて、それぞれ時期はどう関係しているかまとめていきます。

・合宿の場合

合宿免許の場合、時期によって、価格や込み具合など多くの点に違いが生じてきます。

まず、合宿免許は繁忙期とそれ以外に分けることが出来ます。

免許を取得する多くは学生など若い人たちですので、学生が休みである夏と春(8・9・2・3月)が繁忙期といえます。

逆にそれ以外は比較的空いています。

繁忙期とそれ以外が分かったところで、繁忙期についてまとめていきます。その逆が繁忙期以外と考えてください。

まず、価格について、繁忙期は高くなる傾向が強いです。多くの人が申し込むため値段が引き上げられます。

しかし、キャンペーンなども豊富なので割引を利用すると、繁忙期以外の時期との差があまりないものもあります。

次に、予約の取りやすさや人の多さについてです。

予約の取りやすさは、繁忙期になれば低くなります。つまり、予約はとりにくいです。

さらに、安いプランはすぐになくなってしまうので注意が必要です。

人の多さは予約の取りにくさと同じように繁忙期になると多くなります。

ですので、繁忙期以外なら、安く、人も混んでいない状態で行くことが出来ます。

・通いの場合

通いの場合にも繁忙期は同じように存在します。(2・3・8・9月)

そして、その時期は人が多いため、技能の予約がなかなか取れない状況になります。

そのため、教習へ通う期間が長くなる傾向になります。

価格の面では、キャンペーン等利用することで、大きな差は時期によって発生しません。

通いの場合、入所すれば好きな時に教習を受けることが出来るので、繁忙期等関係なく入所することも一つの手です。

通いでは、時期によって教習生の数にばらつきがありますが卒業を急がない人にとっては大きな差はありません。

急ぐ方は、すいている時期に入所し、技能を早く終わらせるようにしましょう。

 

合宿と通いの違い 向いている人の特徴

今までの比較からそれぞれに向いている人をまとめていきます。

合宿免許に向いている人

免許を早く取得したい人・安く教習に行きたい人・2週間の予定を空けることが出来、大切な予定を犠牲にできる人(後回しにできる人)・繁忙期以外に行ける人はなおおすすめ

通いに向いている人

教習を卒業することを急いでいない人・家から通いたい人・グループで入所できる人・みんなと合わせたい人

 

このようにまとめることが出来ます。これだけでなく、あなたに合った方法がどちらか選んで最終選択してください。