あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【合宿免許】仮免の試験内容って?勉強はどうすればいいの?

【合宿免許】仮免の試験内容って?勉強はどうすればいいの?

免許を取得するためには、教習所に通う必要があります。教習所では、学科と技能の教習を受け、卒業していくことになります。

そして、学科と技能は第二段階まで用意されていますが、第一段階から第二段階へと上がるときには仮免許取得のための修了検定・仮免許学科試験を受ける必要があります。

今回は、仮免許を取得するために受けなければならない試験の内容について様々な視点から見ていきます。

 

仮免許って何?

ここまでで、仮免許と何度も言ってますが、そもそも仮免許って何?という人のために、仮免許について説明します。

仮免許とは、それを所持している者の公道での路上運転を可能にするものであり、教習所の卒業検定を受ける際にも必要になるものです

つまり、本免許(運転免許)を取得するためには、仮免許が必要になるということになります。

また、仮免許には期間もあり、有効期間は6カ月間です。

仮免許の種類には普通仮運転免許・準中型仮運転免許・中型仮運転免許・大型仮運転免許がありますが、多くの人に関係するのは普通仮運転免許になります。

そしてこの仮免許を取得するためには試験を受ける必要があります。

では、その試験内容を見ていきましょう。

 

仮免許を取得するための2つの試験

仮免許を取得するためには、2つの試験を受け、どちらもに合格する必要があります。

まず一つ目の試験は、修了検定です。

修了検定は、技能教習の試験になります。つまり、自動車の運転に関する部分です。

そして、二つ目の試験は、仮免許学科試験です。

仮免許学科試験は、学科試験であり、筆記テストになります。勉強したことについてのテストなので、学校のテストと同じようなものです。

それでは、それぞれをより詳しく見ていきましょう。

 

修了検定について

仮免許を取得するため合格する必要のある一つ目の試験である修了検定について詳しく見ていきます。

修了検定は技能の試験であるため、教習所の構内の指定されたコースを走る(運転する)ものになります。

コースは教習所ごとに3つほど用意されていますが、どれも技能教習中に練習するためあまり心配はいりません。

しっかり技能教習を受けるようにしておきましょう。

採点方法は、減点式で持ち点の100点から、ミスした分減点されていきます。

合格基準は70点以上が残っていることです。仮に、検定中であっても70点を大きく下回る減点があった場合はその時点で検定中止となるので注意してください。

減点の点数は、100点、20点、10点、5点と細かく分かれていますが、特に注意するべきなのは100点減点の項目です。

主な減点項目

・信号無視(黄色・赤)

・一時不停止

・脱輪大(乗り上げた後、戻らず進んだ場合)

・接触大

・検定員補助(教員のブレーキ)

など、走行において危険度が高いもの。

これらは一発不合格になるため、特に注意してください。

しかし、よっぽどのこと以外大丈夫ですので、教習を受けてきた通りに落ち着いて受けてください。

仮に、落ちてしまった場合は1時間以上の補講を受ける必要があります。

 

仮免許学科試験について

次に、学科試験のほうについて詳しく見ていきます。

まず、採点方法についてですが、技能と異なり、テストで正解した分の点数で合否が決まります。

問題数は50問で、1問2点で90点以上を取ることで合格となります。

そのため、45問以上の正解が必要ということになります。

これだけ聞くととても難しいように感じるかもしれませんが、問題はすべて〇、×問題のためしっかり勉強しておけば大丈夫です。

満点様や、この後紹介する効果測定の勉強をしっかりとしておきましょう。

また、仮免許学科試験は、修了検定に合格することで試験を受けることが出来ます。

そして、仮免許学科試験を受けるためにはほかにも条件があり、それが効果測定と呼ばれるテストの合格です。

こちらに2回以上合格していなければ、学科試験を受けることはできません。

効果測定は、テスト対策のようなもので、50問を解き90点以上で合格となるため、本番と同じ基準になります。

予行練習だと考え真剣に取り組みましょう。

試験で問われる内容は、学科で学ぶ基本的なものばかりですが、いくつかひっかけのようなものが混ざっているためそこだけは注意して試験を受けてください。

気になる勉強方法は?

ここまで、試験についての説明をしてきました。ですが皆さんが知りたいのはどのように勉強するの?

ということだと思います。

では、その気になる勉強方法についてまとめてみます。

①満点様やその他教習所がおすすめしている教材をこなす。

②市販の教材を購入して勉強する。

③教科書中心に覚える勉強をする。

主な勉強方法としてはこの程度です。しかし、実際には①の満点様や教習所がおすすめしている教材をしておけば間違いありません。

私は、関西のほうで教習を受け、そこには満点様という学習システムがありました。

問題を出してくれて、それに回答するというシンプルなものですが、それだけで試験には合格することが出来ました。

ですので、まずは教習所に何がおすすめか聞いて見ましょう。そして一つの教材に絞って学習するだけで大丈夫だということは伝えておきます。

ですが、結局は覚えなければいけないので、どうしたら楽に受かるかではなく、これから必要になる知識としてしっかり覚えるようにしましょう!

まとめ

今回は、仮免許を取得するための試験2つについて見てきました。

どちらも非常に重要な試験ですので合格できるよう勉強はしっかりしておきましょう。

しかし、内容自体はとても難しいわけではないため、学科教習や技能教習で学んだことを完璧にできるようにしておきましょう。

みんながい一度で合格できるというものではないため、落ちた場合もあきらめずに何度も挑戦してください。