あなたにおすすめの合宿免許を探す!
合宿免許

【免許合宿】合宿免許で免許取得に必要な期間と値段まとめ

合宿免許で免許を取得したい!と思っているあなたへ、最初に知っておくべき「合宿免許に必要な期間や費用」を詳しく紹介します。

この記事を最後まで読むことで以下の悩みを解決できます。

合宿免許に必要な期間は何日くらいか知りたい

合宿免許に必要な費用を知りたい

お得に合宿免許に行く方法を知りたい

合宿免許について知識が無い人向けの記事になっています。合宿免許についてある程度知っているという方は、合宿免許の選び方の記事を参考に、どの自動車教習所へ通うのか決めましょう。

【初心者向け】合宿免許の概要

この記事は、合宿免許の知識が無い人向けの内容になっていますので、簡単に合宿免許について紹介します。合宿免許という制度は、短期間集中の形で学科と実技をこなし、卒業することを目指すもので、泊まり込みで教習を受けるものです。泊まり込みで教習所の卒業を目指すことが大きなポイントです。

学科や実技などは、家の近くの教習所も合宿で免許が取れる教習所も、同じことをするため、学ぶことに大きな差はありません。そのため、知識や運転技術について心配する必要はありません。ですが注意も必要です。

都会の人が田舎の方へ合宿に行く際は、交通量や車線の多さの違い、山道の走行などの違いがかなりあることもあるので、大きく環境が異なる場所で車の運転をする可能性があります。また、修了検定試験、卒業試験に合格しないと卒業できないため、しっかり勉強することも必要です。

合宿免許について少し理解してもらえましたか?今の時点では、泊まり込みで教習所を卒業することを目指す方法が合宿免許だ!と思ってくれれば十分です。

では、泊まり込みで教習を受ける合宿免許は、どのくらいの期間が必要で、費用はいくらくらいなのでしょうか?合宿免許を選択する多くの人が判断基準にしている2つのポイントを紹介します。

合宿免許に必要な期間と費用

合宿免許は長期の休みが必要になる制度です。そのため、合宿免許に必要な期間を知っておかなければ、行きたいタイミングで行けないことにも繋がります。ここでは、平均的な日数を紹介します。

合宿免許の期間

合宿免許を行なっている教習所のほとんどは、最短の日数で卒業検定を受けることができるようにスケジュールが組まれています。AT(オートマ限定)の場合は最短14日、MT(ミッション車)の場合は最短16日での卒業が可能です。

1日の講習数の制限から、最短日数はこれ以上短くはなりません。ですので、合宿免許を考える際は、必ず2週間以上の休暇が必要になります。

通常の教習所の場合は、卒業までに最低でも1ヶ月程度は必要です。春休みや夏休みなど、多くの教習生が通う時期は、2,3ヶ月かかることも珍しくありません。

できるだけ早く免許を取りたいという方には大きなメリットとなります。

合宿免許の費用

合宿免許の費用は、時期や教習所によって差があります。ですので、ここでは平均的な費用を紹介します。最安値で合宿免許へ行きたい場合は、期間や部屋が制限されることが多いので、条件に注意してください。

合宿免許の平均的な費用は、約20万円です。最安のプランの場合、17万円台で合宿免許へ行くことも可能です。一方で、25万円以上かかるプランもあります。

一般に、教習所へ通う場合は、最低でも25万円以上かかることがほとんどですので、費用の面でも、合宿免許はお得だと言えます。平均価格については以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
自動車教習所の平均価格比較まとめ【合宿免許・通学】自動車免許を取るために必ず必要になるのが、「自動車教習所」の卒業です。ですが、教習所に通うためには、高額な費用がかかります。教習所にかか...

合宿免許の費用について注意しなければならないポイントがあります。それが、食費に関してです。特に格安のプラン(20万円以下)の場合は、ほとんどが自炊のプランになります。そのため、2週間分の食費が必要になることも知っておきましょう。

また、ATとMTでも価格の差があります。1万円〜2万円ほどの差があるので、そこも注意して確認するようにしてください。

お得に合宿免許を予約する方法

合宿免許の期間と費用については理解してもらえたと思います。通常の教習所に通うことと比較すると、期間の面でも、価格の面でもメリットが大きいのが合宿免許です。

そこで、できるだけお得に合宿免許へ行く方法を特別にお伝えします。

具体的にやるべきことはたった3つです。この3つをすることで、時期にかかわらず、その時の最もお得なプランで合宿免許へ行くことができます。

  1. 譲れない条件を決める
  2. 3つ以上の合宿免許紹介サイトを確認する
  3. キャンペーンを必ずチェックする

この3つだけでOKです。1つずつ簡単に説明します。

譲れない条件を決める

合宿免許で2週間を過ごす上で譲れない条件を決めましょう。これを適当にすると、こんなはずじゃなかった。と後悔することになります。

ポイントは以下の3つです。

  • 部屋のプラン(一人部屋・二人部屋・相部屋)
  • 食事(自炊・食事つき)
  • 周りの環境(観光等)

部屋は、選び方によって価格に大きな差が出ます。相部屋を選ぶことで費用を抑えることができますが、知らない人と共に過ごすことになるので、気になる方は避けるべきです。(最安値のほとんどは相部屋タイプ)

食事に関しては、自炊が苦でなければ安く抑えることができるのでおすすめです。お米だけでも持ち込むことで食費自体も抑えることができます。ですが、部屋の環境(キッチン)などは必ず確認しておきましょう。

周りの環境も大切です。2週間以上滞在することになるので、気分転換が必要になる場合がほとんどです。少しリラックスできる場所や、観光できる場所が近くにあるといいですね。

3つ以上の合宿免許紹介サイトを確認する

条件を決めることができたら、最低でも3つ以上の合宿免許紹介サイトを確認しましょう。そうすることで、同じ教習所であっても、最安値で行くことができるようになります。

おすすめは以下の3つのサイトです。それぞれ独自のプランとキャンペーンをしていますので、時期によって大きく価格が変動します。3つを比較して、1番いいと思う教習所を見つけましょう。紹介されている教習所にもばらつきがありますので、たくさんの教習所を知るという意味でもおすすめです。

合宿免許ドリーム:HPからの条件検索が楽々!まずはDREAMで検索がおすすめ

合宿免許予約サイトのユーアイ免許:ユーアイ独自のキャンペーンが多数!割引の多さで選ぶならここ

合宿免許受付センター:シンプルで見やすいHPが特徴!プラン毎の教習所が一目でわかる

キャンペーンを必ずチェックする

3つのサイトを比較したら、さらに利用することができるキャンペーンがないかチェックしましょう。特に、次の2つです。

  • 早割(早期予約割引)
  • 友達割(複数人で参加すると割引)

どちらも割引額が大きいので、利用できるキャンペーンがないかチェックしておきましょう。友達割が使える場合は、複数人で合宿免許へ参加することもメリットになります。

合宿免許の期間・費用まとめ

今回の記事で紹介した、合宿免許に必要な期間と費用をまとめます。教習所選びの参考にしてください。

合宿免許まとめ

期間:AT 最短14日 MT 最短16日

費用:AT 約20万円 MT 約22万円

合宿免許の費用に関しては、時期やプランによって大きく変わってきます。ですので、最低限譲れない条件の中からお得な合宿免許を探すことが重要です。

合宿免許に行く教習所の選び方については、以下の記事も参考にしながら取り組んで見てください。

あわせて読みたい
【合宿免許】必見!格安で免許が取れるおすすめの方法5選【合宿免許】必見!格安で免許が取れるおすすめの方法5選 運転免許を取るなら、安くて期間も短い合宿に行って取ろうかなと考えている方、必見...